1. ホーム
  2. 草履 帆布草履 日本製 無地
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
草履 帆布草履 無地 日本製
草履 帆布草履 日本製 無地 履物
草履 帆布草履 日本製 無地 履物
zr08-10001-10723
9,370円 19,360円






商品の仕様
【サイズ】
 長さ:約23.5cm
  巾:約8.5cm
ヒール:約4.5cm

【素 材】
 土台:コルク
 表地:帆布

【製 造】
 日本製
商品説明
帆布を使用した草履です。

一年を通してお使い頂ける履き心地の良い草履になります。

上品で高級感漂う風合いをお楽しみ下さい。
その他
色合いにつきましては、ご確認いただきます環境により実物とは若干の違いが生じますことご了承願います。

【1501】

草履 帆布草履

上品な帆布草履

草履 帆布草履

草履 帆布草履



《01》

《02》

《03》



草履 帆布草履 日本製 無地 履物

毎週火曜日発売

通巻1627号
12月21日号
12月7日発売

詳細・購入

草履 帆布草履 日本製 無地 履物

flash diamond

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

flashデジタル写真集

flashデジタル写真集

12月7日より好評発売中!

詳細・購入

草履 帆布草履 日本製 無地 履物

社会・政治

草履 帆布草履 日本製 無地 履物

社会・政治 投稿日:2021.12.10 20:50flash編集部

 

 12月9日、日本維新の会の代表で大阪市長の松井一郎氏が、およそ3時間にわたる “30人超え” の宴会をおこなっていたことを会見で明らかにした。10日発売の『friday』に記事が出ることから、あらかじめ火消しに走った形だ。

 

 

 現在、大阪府では、会食を「同一テーブル4人以内」で「2時間程度」としている。しかし、『friday』によれば、松井市長は、12月2日、衆院選大阪14区の祝勝会に参加。心斎橋の焼き鳥店には、14区の市長や府議らおよそ30人が集まったという。松井市長は18時半頃に入店し、21時半頃まで約3時間の宴会を楽しんだ。

 

 9日の会見で松井市長は、「この間、会費制で選挙の反省会をやったら、いきなり週刊誌が来てくれてますから」と話し出した。しかし、報道陣から詳細を追及されると、次第にしどろもどろになっていく。

 

 宴会については「打ち上げじゃなくて『反省会』」と弁明。30人という大人数にも、「テーブルは4人に分けてマスク会食」「人数の上限はない」と苦しい言い訳をしている。

 

 府民には「2時間程度」と要請しておきながら自身は長々と宴会した点については、「2時間をめどにやろ? ルールを破ったとまでは思っていません」と私見を述べた。

 

 最終的には「2時間程度ということをお願いしているなかで2時間を超えるのは、市民の皆さんから見て、やっぱりちょっと違うんじゃないかと。お叱りがあるかもしれないとは思います。そこは反省すべきとこかなぁ」と非を認めた。

 

「自身の報道には『ルールを破ったとは思っていない』と強気な松井市長ですが、4月に大阪市職員が5人以上で会食するケースが相次いだ際は、『言語道断』と謝罪。その後、全庁をあげて調査をおこない、最終的にはルールに反した職員1109人を処分しています。

 

 もちろん感染者数などの状況は当時と違うにせよ、松井市長が少人数での会食を『お願いする立場』であるのは今も変わりません。会見を見る限り、自身に何らかの処分を下す気はなさそうですが、このままでは『自分に甘い』と言われても仕方ないでしょう」(政治ジャーナリスト)

 

 宴会の事実や答弁の内容も相まって、ネット上では松井市長に対する失望の声が噴出している。

 

《松井さんそれはあんまりちゃいますか》

 

《国民には我慢させて、いくらルール違反ではないとか言われても、胸くそ悪いよね》

 

《松井市長のしどろもどろ…人数の上限のアッパーはないとか、2時間以内ではなく2時間を目処にだとか、宴会ではなく反省会だとか…それを往生際が悪いというんだよ》

 

写真・時事通信

 

(smartflash)
続きを見る

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

草履 帆布草履 日本製 無地 履物

草履 帆布草履 日本製 無地 履物

グラビアbest

2021年top水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

草履 帆布草履 日本製 無地 履物

platinumflash

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入

reevolutionathletics.com RSS